新生銀、SBIのTOBに反対表明へ 「条件付き賛成」の選択肢も

小出大貴
[PR]

 新生銀行は、SBIホールディングスから一方的に受けている株式公開買い付け(TOB)に反対を表明する方針を固めた。ただ、条件つきで賛成する選択肢もあわせて示し、SBIと交渉する余地を残す方向で調整している。

 新生銀関係者によると、21日に取締役会を開き、午後にも発表する見通し。TOBについて明確に反対の意思を表明すれば初めてとなる。SBIに対抗するため、ホワイトナイト(友好的な買収者)を探すことも表明するとみられる。

 SBIはTOBで新生銀株の保有比率をいまの20%から最大48%まで引き上げることをめざしている。新生銀は反対意見を表明する一方で、SBIが保有比率の上限の撤廃や1株2千円の買い取り価格の引き上げに応じた場合には、TOBに賛成する考えも示す方向という。ただ、SBIにとっては保有比率が50%超になれば新たに当局の許認可が必要になるうえ、買収費用も膨らむため、ハードルは高いとみられる。

 SBIが条件に応じない場合は敵対的なTOBに発展する。その際は、TOBを実質無力化する買収防衛策を発動するかどうかを、11月にも開く臨時株主総会で株主に諮る構えだ。ただ、TOBは株主にとっては市場価格より高値で売るチャンスとなり、新生銀が防衛策への支持を集めるのは難しいとみられている。(小出大貴)