• アピタル

第6回疲れた子どもたち、保健室に続々 養護教諭がみたコロナ禍

有料会員記事

編集委員・宮坂麻子
[PR]

 「子どもたちの世界って、大人たちが背負っているものがそのまま下りてくるんです。それがコロナでより顕著になりました」

 今月、首都圏の公立小の保健室で、女性養護教諭(46)はそう語った。そばでは、保健室登校の複数の児童が、タブレット端末で教育動画を見たり、プリントの問題を解いたりしていた。

 精神的に疲れた子が、コロナ…

この記事は有料会員記事です。残り836文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載コロナの街で(全14回)

この連載の一覧を見る