ミサイル発射時不在「岸田内閣、危機管理よりも選挙重視」

2021衆院選国民

鬼原民幸
[PR]

国民民主党玉木雄一郎代表(発言録)

 危機管理に関して言えば、少なくとも首相、官房長官のうち1人は緊急参集できる東京23区内にいるべきだ。阿蘇山の噴火の際は、官房長官東京都内にいたということで最低限の対応はできたと思う。

 他方で(19日の)北朝鮮ミサイル発射に関しては、2人とも東京を離れていた。緊急事態への対応、危機管理としては、極めて問題があると言わざるを得ない。危機管理よりも選挙を重視しているのではないのか。

 特に岸田(文雄)首相は(ミサイル発射の)第一報を受けた後、さらにもう1カ所、仙台に演説会に行っている。これはちょっと信じられない対応だ。すぐ電車に飛び乗れば、あと2時間早く東京に帰ることができたはずだ。岸田内閣の危機管理の認識は非常に甘いと言わざるを得ない。(浜松市で記者団に)鬼原民幸

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]