沖縄・粟国空港に米軍ヘリが着陸 機体にトラブル

寺本大蔵、光墨祥吾
[PR]

 防衛省沖縄防衛局によると、20日午後6時半ごろ、沖縄県粟国村の粟国空港に米軍の大型輸送ヘリCH53がトラブルのため着陸した。県には、米軍機が不時着し、2機が降り1機はまもなく飛び立ったとの情報が入っているという。

 沖縄防衛局が米軍や国土交通省から入手した情報によると、原因はフライトコントロールシテスムのトラブルという。整備員を乗せた別の同機種が粟国空港に向かっており、当該機は少なくとも21日朝までは粟国空港に残ったままという。沖縄防衛局は米軍に対して、安全管理対策などを申し入れたという。

 一方、県基地対策課によると、米軍機は2機で、1機はすでに飛び立ち、残り1機が20日夜時点、空港にとどまっているという。(寺本大蔵、光墨祥吾)