亀井善行が今季限りで引退 巨人一筋17年、WBCで世界一も経験

[PR]

 プロ野球・巨人は21日、亀井善行外野手(39)が今季限りで引退すると発表した。今日にも本人が記者会見する。

 巧打と高い守備力が持ち味の亀井は、大阪・上宮太子高から中大を経て、2004年のドラフト4巡目で巨人に入団した。09年には原辰徳監督が率いたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の「スーパーサブ」として世界一を経験。この年は初めて規定打席に到達し、ゴールデン・グラブ賞にも輝いた。

 17年目の今季は、プロ野球史上初となる開幕戦での代打サヨナラ本塁打を記録。6月には通算100本塁打を達成した。今月12日に左ふくらはぎに死球を受け、翌日から離脱している。通算1412試合に出場し、4156打数1069安打、101本塁打、462打点、打率2割5分7厘。