• アピタル

新型コロナワクチンのブースター接種、米FDAが「交差接種」承認

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンを追加接種する「ブースター」について、米食品医薬品局(FDA)は20日、モデルナとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンの追加接種をできるよう緊急使用許可を拡大した。さらに最初に接種したワクチンと違う種類を打つ「交差接種」についても認めた。

 ファイザー、モデルナは2回、J&Jは1回が規定の接種回数。FDAはすでにファイザーについて、追加接種を認めていて、米国で使われている3種類すべてにブースター接種の許可が下りた。

 今回、FDAが認めたのは、モデルナは接種を完了してから6カ月以上たった65歳以上や、重症化や感染のリスクが高い18歳以上を対象にした追加接種。J&Jは接種を完了して2カ月以上たった18歳以上を対象にした追加接種。

 さらに、最初に接種したワクチンの種類にかかわらず、追加接種の対象となる人ならば、追加接種するワクチンは3種類のどれでもよい、とした。

 たとえば、ファイザーを2回打ってから6カ月以上たった65歳以上なら、ファイザーやモデルナ、J&Jのどのワクチンを打ってもよいことになる。J&Jを1回打ってから2カ月たった18歳以上も、3種類のどれでも打てる。

 FDAのウッドコック長官代…

この記事は有料会員記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]