第4回毎夜ベンチに段ボールで4カ月 生活保護受けアパートに入ったけど…

有料会員記事

小川智
[PR]

 10月14日夜、幹線道路脇にある大阪・ミナミのベンチ。段ボールを敷き、かばんを枕に寝ている男性がいた。山下幸一さん(63)。ここで毎夜を過ごし、4カ月になる。

10月31日の衆院選投票日、人々は何を託そうとしているのでしょうか。私たちの現在地をお伝えします。

 15歳で鹿児島・奄美大島から大阪に来て、部品製造会社など、50歳まで数社の会社勤めをした。その後昨年2月まで10年以上、日雇い労働の仕事をしてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で仕事がなくなった。

 生活保護を受け、大阪市西成…

この記事は有料会員記事です。残り964文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載私たちの現在地 2021衆院選(全18回)

この連載の一覧を見る