迫る猛火「窓から飛び降りて!」 客を逃がし、男性は意識を失った

有料会員記事

山崎輝史
[PR]

 「まずは女性と子どもを飛び降りさせて、最後に自分が……」

 なじみの居酒屋で、男性(48)は火災に遭った。

 あっという間に2階の客席に火の手が回った。

 男性はほかの客をせき立てた。

 階段は使えない。窓しか逃げるすべはなかった。

 渋る人もいたように思う。男性の記憶はそこで途切れた。

 4月11日、名古屋市千種区居酒屋。木造2階建てで、岐阜県郷土料理「鶏(けい)ちゃん」が売りの店だった。

 愛知県内の新型コロナウイルス感染者は増加の兆しをみせ、「まん延防止等重点措置」の適用が話題に上がっていた。

 日曜日の夜で、2階は子どもや若い女性を含めた複数のグループでにぎわっていた。

 男性はこの日、この店の店長の男性に呼ばれて来店した。

 店長とは以前からの友人で、数年前に開店したと聞き、たまに通うようになった。

 最初は1階の数席だけで営業していたが、その後、2階を改装して客席を増やした。

 異変に気づいたのは、2階に上がった直後だ。

 午後7時ごろ、階段から熱気と煙が上がってきた。

 「ただ事じゃない」

 炎が迫ってきた。脱出路は道…

この記事は有料会員記事です。残り454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。