「身内」同士で大げんか 池袋の路上、住吉会系組員ら12人逮捕

[PR]

 東京有数の歓楽街・池袋の路上で大げんかをしたとして、警視庁は、指定暴力団住吉会系の組員と周辺者の男の計12人を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕し、21日発表した。

 二つの住吉会傘下組織の関係者が飲酒後に路上で出会い、口論になったとみられる。大半が「スパーリングをした」「止めようとしただけだ」などと容疑を否認したり、黙秘したりしているという。

 逮捕されたのは、組員(28)=東京都練馬区=ら20~40代の男。いずれも住吉会傘下の組織の関係者で、当時は、それぞれ5人と7人で行動していた。

 組織犯罪対策4課によると、12人は4月14日午前3時40分ごろ、東京都豊島区池袋2丁目の路上で、互いに殴ったり頭突きをしたりした疑いがある。10分ほど続け、駆けつけた警察官に制止された。複数人がけがを負ったという。

 当時、東京都は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「まん延防止等重点措置」の期間中だった。同課は、グループがたまたま路上ですれ違い、何らかの原因で口論になった「偶発的なけんか」とみている。

 住吉会傘下の組員は、昨年末時点で約2600人。