米テスラ、供給網混乱でも最高益更新 7~9月のEV販売7割増し

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 電気自動車(EV)世界最大手の米テスラが、着実に販売を伸ばしている。20日発表した2021年7~9月期決算は、純利益が3四半期連続で過去最高を更新した。世界的な供給網の混乱で日本の自動車メーカーが軒並み減産を強いられるなか、強さを見せつけた。

 「EVの需要は構造的なシフトを続けている」。テスラは同日の声明で、手応えをにじませた。

 7~9月期に販売したEVは約24万台で、前年同期から73%増えた。4~6月期の約20万台も上回る。供給網の混乱で「例に見ないほど難しい」状況だったとしながらも、調達や生産部門で対応して乗り切ったという。

 この日発表した7~9月期決…

この記事は有料会員記事です。残り552文字有料会員になると続きをお読みいただけます。