弱火でじっくり香ばしく 魚のみそ漬け

有料会員記事

沼田千賀子
写真・図版
魚のみそ漬け=合田昌弘撮影

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

[PR]

ごはんラボ 魚のみそ漬け

 魚や肉のみそ漬けは、みその風味でごはんが進みます。これまで、お店で買って自宅で焼いて食べてきましたが、今回、料理監修の渡辺あきこさんに自宅で簡単にできる作り方を教わりました。

 使ったのは淡色辛口みそ。砂糖とみりんで甘さを加え、みそをゆるめてぬりやすくします。脂ののったカジキの両面にまんべんなくぬって一晩冷蔵庫に入れておくと、みそのうまみと風味が身に移ります。3日ほどで食べきるようにするとよいでしょう。

 合わせるみそとみりん、砂糖の分量さえ覚えておけば、応用がききます。アレンジの「豚肉のみそ漬け」は、みそだれの作り方はまったく同じで、魚を豚肉に変えただけです。一口大に切った鶏肉でも試しましたが、おいしくできました。

 みその焦げる香ばしい香りが、いっそう食欲をそそります。ただ、焦げやすいので、焼くときは弱火で。(沼田千賀子)

魚のみそ漬け

材料・2人前 料理監修:料理研究家・渡辺あきこさん

□ カジキ 2きれ(160g)

□ みそ 大さじ2

□ みりん 大さじ2

□ 砂糖 小さじ2

□ 油 小さじ1

【作り方】

①みそ、みりん、砂糖を混ぜて、みそだれを作る。

②カジキはペーパータオルには…

この記事は有料会員記事です。残り890文字有料会員になると続きをお読みいただけます。