「スマホでマンガ」定着、拡大する電子コミック市場

有料会員記事

中島嘉克
[PR]

 いつでもどこでも、スマホひとつでマンガを楽しめる――。そんな電子コミックの市場規模が拡大中だ。コロナ下の巣ごもり需要に加え、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」などのヒット作も追い風になっている。

 電子コミックはデジタル版のマンガで、買った作品はスマホやタブレット端末、パソコンで読める。インプレス総合研究所によると、2020年度の電子コミックの市場規模は4002億円。前年度から1千億円超も拡大し、13年度の5倍以上になった。

 電子書籍の市場そのものも引っ張っている。文芸や雑誌なども含めた電子書籍全体の市場規模は、20年度で4821億円。その8割超を電子コミックが占める。

 総合電子書籍ストア「ブック…

この記事は有料会員記事です。残り619文字有料会員になると続きをお読みいただけます。