「変わらなければ雇用失われる」 自民・小泉前環境相

2021衆院選自民

[PR]

自民党小泉進次郎前環境相(発言録)

 4年後、ノルウェーはガソリン車の販売をやめる。2030年以降、アメリカのニューヨーク州やカリフォルニア州のほか、イギリス、フランスドイツはガソリン車の販売をやめる。

 日本で一番雇用を生んでいる産業は自動車だ。だが、日本がいくらガソリン車に強みがあっても、(日本の)人口は減っている。世界で売れるものを考えていかなければ、次の世代の給料が上がらない。

 私が環境相として決めたことの一つが、35年以降に販売されるすべての車を電動車に変えることだ。変わらなくて済むのであれば一番いい。だけど、変わらなかったときに失われるのが、産業競争力と次世代のための雇用だ。あまりにもリスクが大きすぎる。(横浜市鶴見区の街頭演説で)

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]