非正規は能力のせいですか?ロスジェネ女性、ものまね芸人になる

有料会員記事

中塚久美子
[PR]

 就職氷河期に手にした正規雇用も、パワハラで体調を崩して離脱。次にあったのは非正規雇用の選択肢。「個人の能力の問題でしょ」と突き放される――。就職氷河期に世に出た「ロスジェネ」世代の非正規・単身女性、すぎもとりょうこさん(38)はいま、電話オペレーター兼ものまね芸人だ。

 すぎもとさんが就職活動をした2005年は、男女雇用機会均等法が成立して20年。だが、同じ正社員でさえ男女の賃金格差は3割以上あった。

 すぎもとさんは、一人暮らしをして自立するために、一般職ではなく総合職でいこうと将来設計した。募集や採用にあたって「男子のみ」などとうたう直接的な差別は禁止されていたが、就職活動中、あることに気づいた。

 名の知れた大学の男子学生たちは、どんどん就活が進み、「部長面接が終わった」と話していた。関西の女子大に通うすぎもとさんは、まだ1社も面接に呼ばれていなかった。「企業説明会に出席して、明らかに、お呼びじゃないと感じた」。むやみに受けるのはやめ、女子大に求人を出している企業に絞った。約20社受けて、飲料販売会社に就職した。

 営業職についた。「体育会系男子の組織が築き上げた営業手法」と振り返る。毎月、上から言われたケース数を売ることが「絶対」だった。

 担当していたまちの小さな酒屋の倉庫には、在庫の山。それを知りながら店主に頭を下げて10ケース買ってもらう。むなしくなった。その積み重ねが心の負担になり、退社した。

あれは追い込み型退職だったんだ

 新たに見つけた仕事は、塗料の材料を売る商社の正社員だ。ところが、2カ月後にリーマン・ショック。社員が徐々に減り、社内の雰囲気が悪くなっていった。

 6人いる部で、すぎもとさんだけが急に任される仕事が増えたという。深夜12時まで職場に残っているのは自分だけ。半年間続けると、不眠とかゆみで体調が悪化した。

 関西を中心に働く女性への差別撤廃に取り組む市民団体「ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク」に相談した。助言を得て、会社に改善を求めたが、うまくいかなかったという。

 退職を決めた。とたんに体調が回復した。「あれは追い込み型退職だったんだ、と後になって思うようになりました」

国立大学なら企業よりも・・・と思った

 このころ、「官製ワーキングプア」という言葉が広がっていた。財政難を背景に公務員の数が抑えられ、短期契約を繰り返しながら働く非正規の公務員が増え、年収は200万円台。一般事務職のほか、教員、保育士、ハローワークや生活困窮の相談員など、多くは女性だ。

 すぎもとさんは国立大の正規職員になろうと、まず大学事務のパートから始めた。「企業でいやな目にあったので、公的教育機関の大学なら大丈夫ではないか」と考えてのことだった。1年勤務すれば、正規職員の採用試験を受けることができた。だが、結果は届かなかった。

 多くの国立大学は、04年度の法人化の際に職員の待遇が国家公務員から民間の労働法制体系になった。そのなかで、新規採用する非常勤職員の雇用期間を5年などに区切っていた。すぎもとさんも、5年だった。週30時間勤務、交通費なしの契約。貯蓄どころか暮らすことさえ厳しく、実家に戻っていた。

電話オペレーター兼ものまね芸人

 30歳の時、考えた。このままでいいのか――。

 見つけた答えが、「ものまね…

この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。