週刊新潮、19歳少年の実名と顔写真掲載 甲府2人死亡火災めぐり

[PR]

 甲府市の住宅が全焼し、会社員井上盛司さん(55)と妻章恵さん(50)の遺体が見つかった事件で、傷害容疑で逮捕された19歳の少年について、週刊新潮は21日発売の10月28日号で少年の実名と顔写真を報じた。山梨県弁護士会は21日、記者会見し、少年の特定につながる報道は少年法に違反すると抗議した。

 記事は、少年の小学校時代なども紹介し、高校の同級生が語る学校生活の様子を報じている。同誌編集部はコメントを出し、「本件犯行により無辜(むこ)の二人の生命が奪われた。死に至る被害者の恐怖や無念は筆舌に尽くしがたく遺族の痛苦や悲憤は察するにあまりある」と指摘。結果の重大性などに触れ「容疑者が19歳の少年といえども実名・顔写真を含め、その実像に迫る報道を行うことが常識的に妥当であると判断した」としている。

 県弁護士会の八巻力也会長は「実名と顔写真の掲載は断じて許容できず強く抗議する」と語った。少年の更生や社会復帰を阻害する恐れが大きいと批判。少年の弁護を担当する伏見彩弁護士も取材に「実名と顔写真で本人を特定しており少年法に違反している」としている。

 今年5月成立の改正少年法は18歳、19歳を「特定少年」と位置づけ、来年4月以降に起訴されれば、実名などの報道を禁じる規定が適用されないと定めている。