牧阿佐美さん死去、日本バレエ界を牽引 草刈民代さんら育てる

 長きにわたり日本のバレエ界を牽引(けんいん)した牧阿佐美(まき・あさみ、本名福田阿佐美〈ふくだ・あさみ〉)さんが20日、大腸がんで死去した。87歳だった。葬儀は近親者で営む。後日お別れの会を開く予定。

 国内のバレエ草創期に活躍した橘秋子を母に、4歳で初舞台を踏む。1954年、米国にバレエ留学し、帰国後の56年、橘秋子と牧阿佐美バレエ団を結成した。71年に舞台を退いてからは同団の主宰として後進の育成に力を注ぎ、草刈民代さんや上野水香さんら、有力な踊り手を数多く育てた。團伊玖磨や芥川也寸志といった作曲家と共働し、日本バレエの創作にも尽力した。

 99年から2010年にかけて新国立劇場の舞踊芸術監督を務め、その後も同劇場バレエ研修所所長として指導にあたった。紫綬褒章を受章し、文化功労者にも選ばれた。