「機能不全」の政府と国民、コロナ対応に根強い不信感 責任はどこに

有料会員記事2021衆院選

聞き手・田中聡子、池田伸壹、富田洸平
写真・図版
悪いのは政治家?官僚?
[PR]

 コロナ禍への政府の対応に国民の不信感は根強い。自民党総裁選では厚生労働省の分割論が浮上し、衆院選では各政党がコロナ対策を競い合う。悪いのは政治家なのか、官僚なのか。(聞き手・田中聡子、池田伸壹、富田洸平)

会見すら開かない政権にびっくり 漫画家、ライター・田房永子さん

 コロナ禍の対応で悪かったのは政治か、官僚か? 私には分かりません。「とにかく生活を必死でしている私たち市民の気持ちに寄り添う対策をしてほしい」という思いがいまも続いています。

 国のトップというものは、何かあった時には先陣を切って私たちを守ってくれるものだ。私は、そう信じていました。そうじゃないと困るし、それが本来の仕事じゃないのだろうか、と。

 だから、びっくりしたんです。昨年、新型コロナウイルスの感染拡大で私たちが不安に陥り、街から消毒液やマスクがなくなり始めても、記者会見すらなかなか開かない安倍政権に。布マスクは本当にいらなかったです。今思い出しても、ありがたかったと思えません。

 後継の菅義偉首相は、市民の不安が噴出していたのに東京五輪を開催しました。「感染と五輪はパラレルワールドであり無関係だ」という国際オリンピック委員会(IOC)幹部の発言がありましたが、そういった発言に賛同している菅首相や小池百合子東京都知事に、大げさではなく絶望しました。なぜあの時、感染を爆発的に拡大させてまで開催が必要だったのか、納得できる説明がほしかった。

 責任ある役職に就いている人は「責任を取らなければならない立場にあるという自覚と責任感」を持っているからこそ、「責任が取れそうもないことはしない。結果、何もできない」という面があるんじゃないかと思います。

田房さんに続いて、記事後半では元厚労省年金局長の香取照幸さんが「政権主導で官僚は劣化した」と指摘します。慶大教授(財政学)の土居丈朗さんは「国民への説明責任の欠落のツケが回ってきた」と主張しています。

 首相というポストについた途…

この記事は有料会員記事です。残り2893文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]