中国・恒大集団、社債の利払い実施 目前の債務不履行の危機回避か

北京=西山明宏
[PR]

 経営危機にある中国不動産大手の中国恒大集団は22日までに、23日に猶予期限が来る米ドル建て社債の利払いを実行したと中国メディアが報じた。恒大は正式に発表していないが、事実であれば目前の債務不履行(デフォルト)の危機は回避したことになる。

 中国メディアによると、恒大は23日に支払いの猶予期限が来る米ドル建て社債の利息分8353万ドル(約95億円)について、21日に受託者である米シティバンクの口座に入金したという。期限までに社債の投資家に対して支払われることになる。

 今回の米ドル建て社債の利払いは、9月23日が支払期限だった。だが資金繰りに苦しむ恒大は利払いを見送った。社債に設定された30日間の猶予期間が終わる今月23日までに利息を支払えなければ、自動的にデフォルトが確定することになっていた。(北京=西山明宏)