患者3人中毒死、元看護師の被告に死刑求刑 検察側「責任能力ある」

有料会員記事

土屋香乃子、大宮慎次朗
[PR]

 横浜市の旧大口病院で2016年、入院患者の点滴に消毒液を混入して3人を中毒死させたなどとして、殺人などの罪に問われた元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の裁判員裁判が22日、横浜地裁(家令和典裁判長)であった。検察側は完全責任能力があったとして死刑を求刑した。弁護側は心神耗弱の状態だったとして無期懲役が相当と主張。久保木被告は「深く反省しています。死んで償いたいと思っています」と述べた。判決は11月9日の予定。

 被告は起訴内容を認めており、責任能力の程度が争点だった。検察側は論告で、被告は起訴前の精神鑑定発達障害の一つ「自閉スペクトラム症(ASD)」と診断され、ASDが動機形成にある程度影響したが、犯行そのものへの影響は極めて小さいと指摘。犯行の手段や方法を合理的に選択しているなどとして「完全責任能力があったことは明らか」と主張した。

 その上で、勤務時間外に患者が死亡すれば遺族に非難されずに済むため犯行に及んだと被告が裁判で語ったことについて「社会的弱者である患者を守るべき立場にありながら、自己の都合のみを考えた身勝手極まりない動機で、酌量の余地はない」と指摘。「終末期患者といえども、残された時間を勝手に奪われる理由はない」と述べた。

 これに対し、弁護側は求刑後の弁論で、犯行時に統合失調症の前兆の症状があったとする起訴後の精神鑑定結果を踏まえて、犯行時は心神耗弱の状態にあったと改めて主張した。「患者対応を避けたいという目的と不釣り合いな殺人という手段を選んだ点に、統合失調症の影響が見られる」と指摘し、「真摯(しんし)な反省の情は明らかで、死刑はやむを得ないと言い切れない」と訴えた。

 久保木被告は最終陳述で「身…

この記事は有料会員記事です。残り150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。