首相への阿蘇噴火報告時間、一転明らかに 磯崎氏「しっかり説明」

有料会員記事

[PR]

 熊本県阿蘇山噴火をめぐり、磯崎仁彦官房副長官は22日の記者会見で、噴火時に衆院選の遊説で兵庫県にいた岸田文雄首相が報告を受けた時間が「午前11時58分」だったことを明らかにした。報告時間について、磯崎氏は21日の記者会見では「回答を差し控える」としていたが、一転して公表した。

 阿蘇山・中岳第1火口での噴火は20日午前11時43分ごろで、首相は兵庫県伊丹市の阪急伊丹駅前で街頭演説をしていた。演説終了後の午後0時6分に自身のツイッターに「周辺地域の皆さん、最新情報に注意し、警戒をお願いします」と投稿。首相官邸には戻らず、その後も、予定通りに神戸市広島市などで遊説を行った。

 磯崎氏は21日の記者会見で、記者団から首相への噴火の報告時間を問われると、「事柄の性格上、詳細な時間まで申し上げることは差し控えさせていただく」と言及を避けた。だが、22日の会見では、冒頭で自ら首相への報告時間が「午前11時58分」だったことを説明し、「政府の対応についてしっかりと説明すべきと考えた」と述べた。

 首相が報告を受けた経緯につ…

この記事は有料会員記事です。残り248文字有料会員になると続きをお読みいただけます。