• アピタル

米国、使用する3種のワクチンすべてで追加接種開始へ CDCが推奨

新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンを追加接種する「ブースター」について、米疾病対策センター(CDC)は21日、モデルナとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンの追加接種を推奨すると発表した。すでにブースター接種が始まっているファイザーのワクチンと合わせ、米国で使われている3種類すべてで追加接種が始まる。

 ブースター接種の対象は、ファイザーかモデルナのワクチンを2回接種して、6カ月以上たった65歳以上や、重症化や感染のリスクが高い18歳以上など。またはJ&Jのワクチンを1回接種して2カ月以上たった18歳以上。それぞれ3種類のどのワクチンを追加接種してもよい。

 CDCのワレンスキー所長は「3種類のワクチンはすべて安全であることが、すでに米国で4億回以上接種されていることから証明されている。デルタ株が広く流行している中でも、重症化や入院、死亡のリスクを減らすのに非常に有効だ」とする声明を出した。

 モデルナとJ&Jのワクチンについては、米食品医薬品局(FDA)が20日に追加接種ができるよう緊急使用許可を拡大している。(ワシントン=合田禄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]