ペヤング、サッポロ一番…… どこが発祥? 酒場で聞く「お国自慢」

有料会員記事

編集委員・小泉信一
[PR]

現場へ! 群馬の逆襲③

 33年の記者人生。振り返ると、北は北海道の稚内から南は沖縄まで、夜の街だけはよく飲み歩いてきたものである。訪ねた店の数は数千軒になるだろうか。

 「どんな店がいいのですか?」

 時折若手に聞かれる。そんなとき「ハーナビ(鼻ナビ)」の大切さを説明する。自分の直感を頼りに街を歩くこと。群馬でも緊急事態宣言が解除され、営業を再開する店が増えてきた。

 ネオンきらめく夜の街。中でもスナックは地方色豊かで面白い。カウンターの中にママさんやマスターがいて、酒とつまみや軽食を供しながら接客する――。簡単に説明すると、スナックとはそのような形態をとる飲食店のこと。

 3千~5千円くらいのボトル…

この記事は有料会員記事です。残り971文字有料会員になると続きをお読みいただけます。