第6回マシに思えた渋谷区でもペーパー離婚のうわさ やっと見つけた居場所

有料会員記事2021衆院選

久永隆一、中井なつみ
[PR]

 17日午後のJR名古屋駅。出発した特急ワイドビューひだ13号の自由席に神田沙織さん(36)が座っていた。傍らには一人息子の律樹さん(5)。祖母に買ってもらったミニカーを手に楽しそう。

 遊びに出かけて岐阜県高山市の自宅に帰る。昨年3月まで住んでいた東京の騒々しさはなく、ゆっくりと親子の時が流れた。

写真・図版
一人息子の律樹さんと神田沙織さん。今年4月、幼稚園の入園時に撮影した=沙織さん提供

 律樹さんは2016年6月生まれ。この年の10月、住んでいた港区で保育所を探す「保活」を夫と始めた。だが区役所の担当者に相談すると「えっ? この時期に探し始めるのは、来年出産予定の妊娠中の方ですよ」と返ってきた。250人待ちの認可保育所もあり、港区では諦めた。

 23区内で認可保育所に入るには、「優先度」を示すポイントが重要だ。様々な条件を1点刻みで積み上げる。育休取得はポイントになると思ったが、神田さんは夫とデザイン会社を営む自営業。育休制度の対象外という壁にぶつかった。

 16年11月、保活の環境が…

この記事は有料会員記事です。残り2293文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]