品川駅「炎上」広告、何がダサかった? 常見陽平さんに聞く

有料会員記事

聞き手・神戸郁人
[PR]

 「今日の仕事は楽しみですか」。JR品川駅に掲示された、そんな文言入りの広告が、ネット上で「炎上」しました。反発を招いた原因は、何だったのでしょうか。日本人の働き方に詳しい、千葉商科大准教授の常見陽平さんに聞きました。

 広告は10月4日に、品川駅構内のコンコースに登場しました。通路沿いのディスプレーに一斉に表示され、関連画像がツイッター上で拡散。「“ディストピア”感が満載」「働き過ぎて追い込まれた人々の“最後の一押し”になる」などの批判を招きました。

 広告を制作した、経済系メディア「NewsPicks」の法人事業を担う企業アルファドライブは、「当駅利用者の方々への配慮を欠く表現だった」と謝罪しました。翌5日には、広告を撤回しています。

     ◇

 ――今回の事案を、どのように受け止めましたか。

 ネット炎上の、典型的な形だと思いました。「今日の仕事は楽しみですか」という考え方は、広告を制作した企業の中では、「そういうものだよね」と理解されていたのでしょう。それが表に出ることで、おかしいと評価されてしまった。広告で伝えたい事柄と、世間の価値観のズレが顕在化した事案と言えます。

 品川駅という、不特定多数が訪れる場に、この広告を掲示したのも問題です。たとえ一瞬だけ画面に映るデジタルサイネージコンテンツであっても、様々な人々が目にします。情報を受け取る側の反応を想定したコミュニケーションプランが、やや稚拙でした。

 ――労働を肯定的に捉える広告そのものは、よく見かけるように思います。

 20年ほど前、リクルートに在籍していました。当時、「仕事が楽しいと人生が楽しい」という、社内向けのキャッチコピーが登場しました。人材紹介業大手のパーソルキャリアも、『はたらくを楽しもう』というスローガンを掲げていました。様々な意見はあっても、それぞれ一種のかけ声として解釈できる内容です。

 ただ、いくら仕事が好きな人でも、つらい体験をするときはあります。患者にガンを宣告しないといけないお医者さん。勤め先の経営悪化で、他業種の企業に出向し、意に沿わない業務に従事するサラリーマン。例を挙げれば、枚挙にいとまがありません。

 そうした人々に対し、『今日…

この記事は有料会員記事です。残り2173文字有料会員になると続きをお読みいただけます。