元衆院議員、鹿野道彦さん死去 民主党政権で農林水産相を務める

 民主党政権で農林水産相を務めた元衆院議員の鹿野道彦(かの・みちひこ)さんが21日、真性多血症のため山形市内の病院で死去した。79歳だった。

 葬儀は26日午後1時30分から山形市鉄砲町2の21の25のセレモニーホール山形で家族葬で執り行う。喪主は長男雄一(ゆういち)さん。

 1976年衆院選旧山形1区で自民党から立候補し初当選。農林水産相や総務庁長官を務めた後、94年に自民党を離党し、「新党みらい」を結党。その後は新進党などを経て民主党に合流した。民主党政権でも農林水産相や党副代表を務めた。当選11回。