フェイスブックは「著名人を特別扱い」 監督委員会が批判

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米フェイスブック(FB)の投稿への対応などをチェックする、外部有識者による監督委員会は21日、四半期に一度の透明性に関する報告書を初めて公表した。著名人などの投稿を審査する体制についてFB側の説明が「不完全だ」などと批判。FB側により透明性を高めるよう求めた。

 問題視されたのは、FBが悪質な投稿を削除する際、一部の著名人らを通常の利用者と別枠で調べる「クロスチェック」と呼ばれるしくみ。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は先月、この手法が一部の要人を特別扱いし、「嫌がらせや暴力扇動を含むコンテンツを投稿した著名人を守っている」と指摘した。

 WSJ紙は、ブラジルのサッ…

この記事は有料会員記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。