地上43メートルで止まったコースター 停電のUSJ、その時何が

【動画】緊急停止したUSJのジェットコースター=朝日放送テレビ撮影
[PR]

 大阪市此花区などで22日に発生した停電のため、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では、すべてのアトラクションが一斉に止まり、パーク内の観客に驚きが広がった。

 大阪府茨木市の女性会社員(46)は、劇場内でショーを見ていると、突然映像が消え、警報音が鳴りやまなくなったという。「そういう演出なのかなと思った」。係員の誘導で劇場の外に出たところ、高さ43メートルの頂上付近で止まったジェットコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」の乗客がヘルメットをかぶって避難している様子が見えた。「乗っていたのが自分だったら、と思うと怖いですね」と話した。

 友人と2人で訪れていた大阪府松原市の主婦(48)によると、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのコース付近では、多くの人が地上から避難を見守り、写真を撮る人もいたという。乗客は落ち着いた様子に見え、下に向かって手を振っている人もいた。女性は「大きな事故にならなくて良かったです」と話した。

 USJでの勤務経験もあるテーマパークコンサルタントの清水群さん(40)は今回の騒動について、「アトラクションが停電で止まることは珍しいが、安全装置が作動して緊急停止することはよくある。スタッフは乗客を避難させるトレーニングを受けている」と話す。

 ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドの乗客は頂上付近から歩いて避難したが、乗降場までゆっくり動かすことはできないのか。USJの広報担当者は「電源が遮断されたことに伴う故障がないかなど、安全性を確認してからでなければコースターは動かせない」と話している。