「下心があった」 同僚女性8人に性的な発言、男性巡査部長を処分

[PR]

 同僚女性に性的な発言をしたなどとして、茨城県警は22日、県内の警察署に勤務する男性巡査部長(46)を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 監察室によると、巡査部長は、交番や警察署の刑事課に勤務していた2019年10月~今年3月、計8人の同僚女性に性的な発言をしたり、手を握ったりした。今年5月には、対応した事案の関係者の女性の電話番号に「話していいですか」などと私的な電話をかけたり、メールをしたりしたという。女性が署に相談し、監察室が調査をする中で女性職員への発言などもわかったという。巡査部長は行為を認めた上で「下心があった。非常に申し訳ない」と話しているという。