• アピタル

デルタ株ふたたび中国で拡大 シルクロードの観光客ら相次ぐ感染

有料会員記事

瀋陽=平井良和
[PR]

 新型コロナウイルスの感染の連鎖を完全に断つ「ゼロコロナ」の政策をとる中国本土が、再びデルタ株の急速な拡大に見舞われている。秋の行楽シーズンに有名な観光地を巡った観光客の移動経路に沿って広がっており、新たな感染者の判明から約1週間で10省・直轄市・自治区の100人以上に及んでいる。

 国家衛生健康委員会や各地方政府の発表によると、最初に新たな感染がわかったのは、16日に陝西省西安市にある玄奘(げんじょう)三蔵ゆかりの世界遺産・大雁塔を団体旅行で訪れていた60代の夫婦。地域間の移動の際に受けたPCR検査で判明した。団体は約1週間で万里の長城の西端にあたる甘粛省の嘉峪関、砂漠観光ができる内モンゴル自治区エジン旗などを巡っており、こうした地域を訪れた他の観光客らの感染も次々に見つかった。

 国慶節(1日)からの1週間の連休は終わったが、気候が良く高齢者らの団体旅行が多い季節。デルタ株は高速鉄道の同じ車両に乗り合わせるなど短時間の接触でも感染する例がみられ、シルクロードの旅行から、中国共産党中央委員会第6回全体会議(6中全会)を約2週間後に控えた北京市などに戻った人の感染の確認が相次ぎ、青海省では1年8カ月ぶりに感染者が判明した。

 甘粛省の省都蘭州市で小中学校の授業が停止されたり、感染者が出た地域から北京への航空便が止まったりし、各地で大規模なPCR検査が実施されている。

■「ゼロコロナ」政策 さらに…

この記事は有料会員記事です。残り448文字有料会員になると続きをお読みいただけます。