第7回選択的夫婦別姓 「女の『姓』を返して」の井上治代さんの思い

[PR]

 結婚する時に夫婦が同じ姓にするか、別の姓にするかを選べる「選択的夫婦別姓」。導入の是非が、今回の衆院選で争点の一つになっています。30年以上前から著書などで導入の必要性を訴えてきた社会学者、井上治代さんの体験から、浮かんでは消える導入議論の問題点を考えます。

35年前に「別姓のすすめ」の声上げる

 井上さんは1986年、「女の『姓(なまえ)』を返して―夫婦別姓のすすめ―」(創元社)を出版した。女性問題などに声を上げてきた評論家の樋口恵子さんや、当時司法修習生だった福島瑞穂社民党党首らへのインタビューを載せたほか、別姓を望む主婦、「夫の付属品」と感じるようになって別姓にした女性、妻の姓を選択した男性などの声を紹介した。

 当時、こうした本はまだ珍しかったが、「はじめに」には、こう書いた。

 女性の生き方が多様化し、性…

この記事は有料会員記事です。残り1760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載その先に見えたもの(全13回)

この連載の一覧を見る