藤井聡太三冠が70手で快勝 豊島将之竜王との将棋竜王戦第2局

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が豊島将之竜王(31)に挑戦している第34期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第2局が22、23の両日、京都市の「総本山仁和寺」で指され、挑戦者の藤井三冠が70手で勝ち、シリーズ成績を2勝0敗とした。初の竜王位奪取まで、あと2勝に迫った。第3局は30、31の両日、福島県いわき市の「雨情の宿 新つた」で指される。

 挑戦者の藤井三冠が勝った第1局とは先手後手が入れ替わり、第2局の先手番は豊島竜王だった。戦型は第1局と同じ「相懸(あいが)かり」に。1日目に豊島竜王が工夫の構想を見せたが、藤井三冠は的確に対応。2日目も着実にリードを拡大し、快勝した。

 終局後、勝った藤井三冠は「第3局がすぐにあるので、(開幕2連勝という)スコアは意識せず、第3局に向けて良い状態で臨めるように出来たら」、敗れた豊島竜王は「本局は一方的になってしまった。(次局は)まずは内容を良く出来るようにしたい」と話した。

 今期竜王戦には、藤井三冠は初の四冠、豊島竜王は竜王3連覇がかかっている。(佐藤圭司)