密なら「赤信号」、鉛筆持ち帰り… 衆院選期日前投票所、コロナ対策

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 31日投開票の衆院選は、コロナ禍のもとで迎える初めての全国規模の選挙だ。20日から行われている期日前投票では、各地の選挙管理委員会感染防止策に気を配っている。

 まず選管が力を注ぐのが「密」の回避だ。

 大阪府東大阪市では、期日前投票所の混雑ぶりを市のウェブサイトで「信号」の色で表示している。すいている時は「青」、少し混んでいる時は「黄」。混雑しているので来ない方がいい時は「赤」。投票所にいる担当者らが、その時その時の状況を見て信号を変えるので、混雑ぶりがリアルタイムで分かる。地域の情報発信をしている「ロコガイド」(本社・東京)が昨年、スーパーやドラッグストアなどの店用に開発した「混雑ランプ」というシステムを利用したものだ。選管担当者は「時間が空いている時に混雑ランプをチェックして、ぜひいらして下さい」と話す。

 これまで複数の人が並んで立…

この記事は有料会員記事です。残り829文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]