市民有志イベントで枝野・志位両氏が演説 政治の転換訴え

2021衆院選立憲共産

横山翼、神沢和敬
[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表と共産党志位和夫委員長は23日夜、東京・JR新宿駅前で、野党を応援する市民有志主催の街頭演説に参加し、政治の転換を訴えた。

 野党党首のスピーチリレーとして、演説に立った志位氏は「岸田政権は、この9年間の安倍・菅政権を何一つ反省することなく『引き継ぐ』と言っている。もう自公の政治は終わりにしよう」と強調。「野党がしっかりと未来を示している。あなたの1票で政治は変えられる。政権交代をはじめよう」と訴えた。

 その後、演説会場に現れた枝野氏は「私たちには覚悟と準備ができている。党派を超えて、今の政治をまっとうにしなければならない。命と暮らしを守る政治にしなければならない。いざというときに支えになる、そんな政府を取り戻さなければならない」と呼びかけた。

 この日のイベントは、気候変動や難民支援、貧困問題、エネルギー問題などに取り組む市民団体の有志が集まって主催した。

 れいわ新選組から比例東京ブロックの候補者も参加したほか、社民党福島瑞穂党首も連帯のメッセージを寄せた。(横山翼、神沢和敬

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]