「無敵の強さ」を支えたもの 競泳・萩野公介が輝きを失ったわけ

有料会員記事

清水寿之
[PR]

 24日に現役引退を表明した、リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト萩野公介(27)は、アスリートとして類いまれな武器を持っていた。

 特殊な筋肉だ。

 瞬発力と持久力を兼ね備えていた。普通の人ならどちらかに偏る。

 1分間続けて腹筋をやれば、各競技の日本代表クラスのなかでも最高水準の70回。2分の休憩を挟んで同じメニューをこなすと大抵のアスリートは10回以上少なくなるのに、萩野はほとんど変わらなかった。

 リオ五輪当時、担当トレーナーは絶賛していた。

 「ダメージを受けにくいのか、回復が早いのか。いくらでも練習ができて、筋肉もつく。萩野に勝る体をしている選手はいない」

 恵まれた体の能力を最大限引き出すための努力も、惜しまなかった。

 指導にあたった平井伯昌コーチ(58)が「他の選手なら壊れる」と評する練習量を、黙々とこなしていた。強度の高いメニューでは唇を真っ青にし、息も絶え絶えになりながら泳ぎ続けていた。

 そんな萩野もリオ五輪を境に、自分の記録を塗り替えることができなくなった。

 五輪翌年の2017年、プロ…

この記事は有料会員記事です。残り476文字有料会員になると続きをお読みいただけます。