独自

日大元理事側に2700万円、医療機器納入で 背任容疑で再逮捕視野

有料会員記事

[PR]

 日本大学板橋病院の建て替え工事をめぐって日大の資金が不正に流出したとされる事件で、同病院に医療機器を納入する取引でも1億数千万円が医療法人「錦秀会(きんしゅうかい)」(大阪市)前理事長・籔本雅巳容疑者(61)=背任容疑で逮捕=の側に流出し、約2700万円が日大元理事・井ノ口忠男容疑者(64)=同=の知人側に送金されていたことが、関係者への取材で分かった。

 東京地検特捜部は、両容疑者が建て替え工事の設計・監理契約のほかに、医療機器の納入でも本人らの利益を図って日大に余分な支出をさせた背任の疑いがあるとみて捜査。勾留期限の27日に再逮捕することも視野に調べている模様だ。

 関係者によると、板橋病院には今春以降、海外メーカーのMRI、CT、血管撮影装置が7台導入された。リース契約で、計約14億円を7年払いする内容だったという。国内の医療機器専門商社を通じた契約業務は、井ノ口容疑者が取締役を務めた日大子会社「日本大学事業部」が担った。

日大の資金、さらに1億数千万円が流出か

 この取引をめぐり1億数千万円が、籔本容疑者が全額出資するペーパー会社に流出した疑いがあるという。さらに、錦秀会の関連会社から井ノ口容疑者の知人側の会社に対し、今年7月に約1140万円、翌8月に約1570万円の計約2700万円が送金されていた。同社や籔本容疑者のペーパー会社が取引に関与した実態はなく、特捜部は両容疑者が不正に利益を得たとみて調べている。

 井ノ口容疑者は特捜部の調べに、約2700万円の入金は「知らない」と話しているという。

 約2700万円が送金された…

この記事は有料会員記事です。残り265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。