父親は「どういう意味か分かるよね?」 高橋大輔に魅せられたスタァ

有料会員記事

坂上武司
[PR]

大島光翔物語(下)

 東京・東伏見のダイドードリンコアイスアリーナにその曲が響き始めると、僕の胸がキュッと締め付けられた。

 イタリア映画界の巨匠、故フェリーニ監督の映画「道」のメロディー。スケートファンならおなじみのあの名曲に、18歳の若いスケーターが挑戦してみせた。

高橋大輔ワールドに染められた「道」を演じる18歳。その思いは

 「最初は暗いイメージから、最後の終盤に向けて明るくなっていく」と彼は言った。

 11年前にこの曲を演じた「あの選手」の、審判席に向かって花束を渡すシーンを思い出す。

 18歳の彼の場合はキスを投げる。その直後のステップでエッジが氷に引っかかり思わず転倒してしまう。それも含めて、僕の心はじんわりと温かくなった。

 それは10月10日の東京選手権のジュニア男子フリーだった。演じたのは大島光翔(こうしょう)(18)=明大

 「この『道』を滑っているのをテレビで見て、その瞬間から虜(とりこ)になって、本当に追いかけるような感じで、ずっと憧れで……。いつかこの曲は絶対に使いたいと思っていて。去年、少しずつ自分も成長していて、いい滑りができるようになってきたので、一番コンディションがいいって思われるこのシーズンで使いたかった」のだという。

 その憧れの「あの選手」――。そう。今はアイスダンスで活躍する高橋大輔(35)のことだ。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします.

 2010年バンクーバー五輪

この記事は有料会員記事です。残り1339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]