参院静岡補選、野党推薦候補と自民候補が競り合う 朝日新聞出口調査

[PR]

 朝日新聞社が24日に実施した参院静岡選挙区補欠選挙の当日出口調査によると、立憲と国民が推薦する無所属の山崎真之輔氏と、自民公認で公明が推薦する若林洋平氏が競り合っている。

 山崎氏は立憲支持層の9割、国民支持層の8割をまとめ、無党派層の7割弱から得票していた。

 若林氏は自民支持層の8割、公明支持層の7割が投票しているが、無党派層からは2割にとどまった。

 調査では岸田内閣を支持するかどうか尋ねた。内閣支持層は6割が若林氏に入れていたが、不支持層は7割強が山崎氏に投票しており、政権批判票が山崎氏に集まった形だ。

 出口調査は共同通信社など5社と合同で、静岡県内60カ所の投票所で実施した。