「輝いているうちに…」 水谷隼がラストゲームで語ったこと

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 卓球のTリーグは24日、目の不調を理由に現役を退く意向を表明した東京の水谷隼(32=木下グループ)が、静岡・さわやかアリーナ袋井で最後の試合に臨んだ。今夏の東京五輪では中国を破って混合ダブルス金、男子団体でも銅を獲得。日本の男子卓球を世界レベルに押し上げた第一人者が、故郷の静岡でラケットを置いた。

 最後は、目の覚めるようなバックハンドレシーブ「チキータ」で決着をつけた。第1試合のダブルスに張本智和(18=同)とのペアで登場し、白星。チームを勝利に導き、「最後の1本を、若手のトレンドであるチキータで終わらせることができた。自分もずっと取り組んできたボール。勝負強さを改めて感じましたね。ここぞという時に力を発揮できる人間なんだな、と。自画自賛です」とおどけてみせた。

 卓球選手にとって「目」は生命線と言っていい。状態が悪く、ボールの回転を的確に判別できないとあっては、現役を続けることはもう難しい。「五輪で全てを出し切って燃え尽きた、という言葉が合っている」と語る通り、満足のいく現役生活だったに違いない。だが、未練がないわけではない。

 だからこの日は、「たくさん…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。