男女とも東海大山形が優勝 全国高校駅伝へ

[PR]

 全国高校駅伝競走大会山形県予選会が23日、長井市であった。男子(7区間、42・195キロ)は東海大山形が大会新記録の2時間9分18秒で5年連続19回目の優勝、女子(5区間、21・0975キロ)も東海大山形が1時間14分39秒で4年ぶり2回目の優勝を果たした。東海大山形のアベック優勝も4年ぶり2回目で、12月26日に京都市である全国大会に出場する。

 男子の2位は山形南(2時間14分8秒)、3位は酒田南(2時間14分16秒)。女子の2位は酒田南(1時間15分32秒)、3位は山形城北(1時間17分4秒)だった。