無党派層の69%が山崎氏に投票 参院静岡補選、朝日新聞出口調査

有料会員記事

編集委員・堀江浩
[PR]

 24日投開票の参院静岡補選は、野党系無所属候補が接戦を制した。朝日新聞社が実施した当日出口調査によると、無所属の山崎真之輔氏は無党派層の69%から票を得ていた。推薦に回った立憲、国民両党の支持層からは9割前後を獲得しており、野党支持層に加えて無党派層にも広く浸透していたことが分かった。

 調査では岸田内閣を支持するかどうかも尋ねた。「支持する」60%で、「支持しない」34%。内閣支持層では、61%が自民の若林洋平氏に入れていた。一方、不支持層は74%が山崎氏に投票しており、政権批判票が山崎氏に集まった形だ。

 年代別では山崎氏は40代以…

この記事は有料会員記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。