第8回かつての「民主王国」愛知、与野党で激戦の区も 東海 朝日情勢調査

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 愛知、静岡、岐阜、三重の東海4県は、計32選挙区のうち17選挙区で自民が優勢だ。一方、かつて「民主王国」と呼ばれた愛知県では、与野党が一騎打ちで激しく競り合う選挙区も。トヨタ自動車のおひざ元の愛知11区では、7選を目指していたトヨタ労組出身の前職が不出馬を表明したことで構図が変わり、自民前職がリードしている。各区の情勢は次の通り。

(候補者名は敬称略)

岐阜1区

 ◆1区 自民前職で少子化相…

この記事は有料会員記事です。残り4504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載情勢調査 2021衆院選(全64回)

この連載の一覧を見る