宇野昌磨、柔らかな着氷へ進化の理由 「十何年間…やっと気づいた」

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 4回転ジャンプ5本に挑む意向を、宇野昌磨が示したのは2カ月前だった。

 「僕がスケートをやっている中で一番難しい構成」

 これ以上は無理とも思っていたが、2位だったグランプリ(GP)シリーズのスケートアメリカを経て、考えは変わったという。

 フリーから一夜明けた24日、取材に応じた宇野は言った。

 「自分の考えをいい意味で裏切られた」

 何があったのか。

「いい意味で裏切られた」。4回転ジャンプ5回に挑む真意とは

 今大会のフリーは冒頭の4回転ループで手をつき、続く4回転サルコーは回転が足りず、3回転の判定となった。一方、2本跳んだ4回転―2回転の連続トーループは成功。後半の4回転フリップはこらえた。

 「自分の求めるレベルまでは到達していない」と言いつつも、「今まで以上のコンディションで挑めている実感もあった」。

 GPシリーズは昨季はコロナの影響で出場がなく、2019~20年シーズンは表彰台に上がれなかった。今大会の内容と結果は初戦としては上出来と言えるが、それだけでは満足しないのが平昌五輪銀メダリストだ。

 刺激になったのは、今大会で3位に終わった、世界選手権3連覇のネーサン・チェンの演技だった。

 フリーは失敗があったものの、4回転を5種6本投入する異次元の構成で臨んだのだ。

 「正直、僕のプログラムより上の構成をやる人はいないと思っていた。僕はルッツが少し厳しい部分があるが、それをどうしていくか、今後また、シーズン中でも考えていきたいと思う」

 苦手なルッツへの再挑戦を含むさらなる高難度の構成に挑む可能性まで示唆した。

 その意欲は今季控える北京オリンピック(五輪)とは関係ないという。

 「たぶん五輪がなくても、特別なシーズンという認識だった。今年の自分の出来、状態、そして数年間の成績が落ちていることも考えると、どうにかやりたいという気持ちが強い」

 まずは今の5本の4回転を完成させる。その先には、また上の目標が待っている。

 GPシリーズ初戦で得たのは活力。23歳の挑戦的なシーズンは始まったばかりだ。

 ◇

 24日の取材での報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――大会を振り返ってください。

 この試合を通して、世界のレベルの高さをまた改めて感じたし、自分が今まで以上のコンディションで挑めているという実感もありました。色々な課題をもって、シーズン中にどう完成させるかが必要になってくるかなと感じました。

 ――ショートプログラム(SP)の時、調整の過程でミスがあり、それは試合後に話すと言っていました。今話せますか?

 シーズンオフから、靴を毎日…

この記事は有料会員記事です。残り1500文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]