第14回野党一本化効果は限定的 内閣批判層固めきれず、接戦71選挙区カギ

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 朝日新聞社が23、24日実施した衆院選の中盤情勢調査では、野党に勢いが見られない。岸田内閣に批判的な層の支持を固めきれず、巨大与党に挑むべく進めた候補者一本化の効果も、現時点では限定的だ。一本化したうち、接戦となっている71選挙区の勝敗がカギを握りそうだ。

 立憲と共産、国民民主、れいわ新選組社民の計5党などは、衆院選では初めて候補者の調整を進め、全289選挙区の75%を占める217選挙区で、候補者を一本化した。

写真・図版
野党一本化の効果は……

 前回2017年の衆院選では…

この記事は有料会員記事です。残り1206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載情勢調査 2021衆院選(全64回)

この連載の一覧を見る