20年前の主婦殺害事件、容疑者を逮捕 広島県警

[PR]

 広島県福山市明王台5丁目の主婦(当時35)が2001年に自宅で殺害された事件に関与したとして、広島県警が容疑者を逮捕したことが捜査関係者への取材でわかった。捜査本部は25日午後8時から記者会見を開き、発表する。

 主婦は大石朝美さん。事件は01年2月6日に発生した。同日午後1時ごろ、大石さん宅の非常警報装置が作動し、警備会社からの110番通報で駆けつけた警察官が、玄関近くの階段で死亡していた大石さんを見つけた。左脇腹には刃渡り約10センチの果物ナイフが刺さっていた。現場には容疑者が履いていたとみられるダンロップ製の靴(28センチ)の足跡もあった。