眞子さまと小室さん、会見は質疑応答なし 宮内庁「回答に恐怖心」

眞子さま

 26日午後に開かれる秋篠宮家の長女眞子さま(30)と小室圭さん(30)の記者会見について、宮内庁は25日、質疑応答を行わず、記者からの質問に文書で回答すると明かした。眞子さまと小室さんは、会見場で結婚に際しての気持ちをそれぞれ述べるが、質疑応答を含む記者とのやりとりを口頭では行わない。

 会見にあたっては、新聞・通信・テレビ各社が所属する宮内記者会のほか、日本雑誌協会と日本外国特派員協会がお二人への質問を事前に提出しており、26日の会見でお二人が回答することが予定されていた。

 だが、同庁によると、提出された質問の中に「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない」ものが含まれているといい、眞子さまは強い衝撃を受けた。カメラが入る会場で質問が読み上げられ、回答をすることを想像すると恐怖心がよみがえり強い不安を感じ、口頭での回答は不可能と判断したという。

 一時は会見そのものを取りやめることも検討したが、医師とも相談し、お気持ちはお二人の口から語り、質問には文書回答することを決めたという。

 お二人は26日午前に婚姻届を提出し、午後から都内のホテルで記者会見に臨む。会見では、お二人がそれぞれ思いを語った後、質問への回答文書が記者代表に渡されたのを見届けて退場するという。