沈められた船をライトアップ 水深18m、魚のすみかで幻想的な風景

勝部真一
【動画】和歌山・白浜のダイビングポイント「沈船」をライトアップ=勝部真一撮影
[PR]

 和歌山県白浜町沖のダイビングスポット「沈船」をライトアップするイベントが16日夜にあり、ダイバーらが幻想的な海中風景を楽しんだ。

 地元ダイビングショップ「ミスオーシャン」が企画した。「沈船」は魚のすみかとなる漁礁として、全長約28メートルの本物の船が、水深約18メートルに沈められていて、白浜を代表するダイビングスポット。多様な魚が数多く見られることで人気を集めている。

 この日、スタッフらが沈船の船首付近を中心に大光量ライトや数百本のケミカルライトを設置。日没後、2隻のボートに乗り込んだダイバーらが潜り、赤や緑、青などのライトで飾られた沈船や光に照らされ泳ぐ魚などを堪能した。スタッフは「ライトアップでみんなの遊びを明るくできたら」と話していた。(勝部真一)