20年前に主婦殺害した疑い、67歳逮捕 「記憶にない」否認 広島

有料会員記事

[PR]

 広島県福山市明王台5丁目の主婦(当時35)が2001年に自宅で殺害された事件で、広島県警は25日、福山市西新涯町1丁目、無職竹森幸三容疑者(67)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「記憶にない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、01年2月6日午後0時45分ごろ、大石朝美さん宅で、大石さんの腹部を果物ナイフで突き刺すなどして殺害したというもの。

 福山西署捜査本部によると、2人は面識がなかったとみられるという。今月上旬に竹森容疑者が捜査線上に浮かび、現場に残された物的証拠が逮捕の決め手になったという。事件当時、竹森容疑者は福山市内で造園業を営んでいたとの情報があるという。捜査本部は、果物ナイフは容疑者が持参したとみている。

 主婦は夫と2人の子どもの4人家族だった。事件当時は、自宅に9カ月の長女と2人でいた。01年2月6日午後1時ごろ、自宅の非常警報装置が作動し、警備会社からの110番通報で駆けつけた警察官らが、玄関近くの階段で倒れている主婦を見つけた。左脇腹には果物ナイフ(刃渡り約10センチ)が刺さっていた。現場には、犯人が履いていたとみられるテニスシューズ(28センチ)の足跡や犯人のものとみられる血痕などもあった。

 捜査本部によると、これまでに捜査員延べ18万人を投入し、162件の情報が寄せられていた。

県警「近年の公開捜査で多数の情報」

 広島県福山市の主婦(当時35)が2001年に自宅で殺害された事件は25日、67歳の無職の男が殺人容疑で逮捕され急展開した。

 広島県警は午後8時から捜査本部がある福山西署で記者会見を開いた。発生から20年後の容疑者逮捕について、上新宏一・刑事部長は「有力な手がかりが得られなかったが、近年の公開捜査で多数の情報が得られた」と述べ、情報提供に感謝を述べた。

 会見が開かれた署の道場には…

この記事は有料会員記事です。残り777文字有料会員になると続きをお読みいただけます。