七五三、無料で撮影します ヤングケアラーや養護施設の子へ贈り物

編集委員・中島隆
[PR]

 【大阪】児童養護施設ヤングケアラーがいる家庭の子どもたちに、無料で七五三の撮影をします――。写真などのデジタル素材を提供する「PIXTA(ピクスタ)」(本社・東京)が、そんな贈り物を届けている。撮影、着付け、メイクなど、その道のプロがしてくれて、すべて無料。応募は11月3日までで、11月15~30日に撮影する。

 ピクスタが運営している家族や子ども撮影のためカメラマンが出張するサービス「fotowa(フォトワ)」の特別企画。育った環境、状況が厳しい子どもたちに、大切な思い出を写真として残してあげたいと考えた。

 この企画に共感した着付け、ヘアメイクのプロたちはボランティア。カメラマンたちもピクスタにボランティアを申し出たが、「最高の写真をお願いします」とささやかな撮影料を支払っている。この17日には大阪府内の児童養護施設で撮影、着飾った子どもたちがカメラの前に立った。

 申し込みはネットで、フォトワの「七五三応援プロジェクト」(https://fotowa.com/campaign/753別ウインドウで開きます)から。同社の広報担当者は「多数の申し込みがあった場合は抽選にさせていただきますが、子どもたちの素敵な姿を残してもらえたら」と話している。(編集委員・中島隆)