生駒山アートイベント始まる 俳優加藤雅也さんプロデュース

渡辺七海
[PR]

 奈良県出身の俳優、加藤雅也さんがプロデュースしたアートイベント「いこまもよう ―僕のみた生駒―」が、近鉄生駒ケーブル宝山寺駅(生駒市)やその周辺で開かれている。生駒山エリアの魅力を詰め込んだ写真などが展示されている。

 宝山寺駅構内には加藤さんの撮影した写真やパネル計11枚を展示。宝山寺参道沿いのカフェ「映像喫茶テアトルアジト」では、写真のスライドショーを流している。被写体は生駒山上遊園地や宝山寺など。実際に歩いてまわる時に、写真にうつっている場所を見つける楽しみを意識したという。「よく見ればきれいなところや色々なものがあるということに気付いてもらいたい」と加藤さん。

 旅館「門前おかげ楼」では、「妖怪ウォッチ」シリーズのキャラクターデザインなどを担当した妖怪書家の逢香(おうか)さんの作品や、同市の伝統工芸である谷村丹後さんの茶筅(ちゃせん)などを展示している。

 宝山寺駅構内では11月30日まで開催。改札内へ入場するため、乗車券か入場券(大人160円)が必要。映像喫茶テアトルアジトや門前おかげ楼では10月31日まで開催される。どちらも入場無料。(渡辺七海)