• アピタル

モデルナ製ワクチン、6~11歳にも有効 米当局などにデータ提出

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンについて、米バイオ企業モデルナは25日、6~11歳でも2回接種により感染を防ぐ抗体が増え、安全性も確認できたとする臨床試験の新たな中間結果を発表した。近く米食品医薬品局(FDA)や各国の規制当局にこのデータを提出するという。

 同社によると、臨床試験には6~11歳の4753人が参加。大人が接種する量の半分を2回、28日間あけて接種した子どもたちは、ウイルス感染を防ぐ抗体が大人がこのワクチンを接種した場合に比べて1・5倍増えることが確認できたという。主な副反応は、疲れや頭痛、発熱、接種部位の痛みで、深刻なものはなかったという。

 同社は6カ月~5歳も含め、全体で子ども5700人を対象にした臨床試験を米国とカナダで実施中。同社が今回公表した試験結果は全体の一部で、専門家による査読は受けていない。

 モデルナはすでに、12~1…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]